狙わない、ハズさない、大人のスキンケア・メイクの色合い

若いうちは、インパクトのあるアイシャドウをつりたり、パールを入れたり、派手な口紅を塗るなど、いろいろチャレンジしてみればいいと思います。

何ごとも経験が大切ですからいろいろやって、失敗をするのもいいでしょう。

でも、30歳を過ぎたら、あまり冒険はしないほうがいいです。

目立とうとか、若々しく見せようとする行為が、かえって年齢を感じさせてしまうから。

その最たるものがブルーのアイシャドウです。

とくに夏になると、気持ちが開放的になってブルーのアイシャドウをつけたくなる人が多いようですが、この色に熱や水分、油分が加わると、とてつもなく汚い色になります。

つけた瞬間はいいのですが、時間が経つにつれて、グレーのようなくすんだ色に変色します。

さらに、ブルーの色素というのは落ちにくいので、よほど丁寧にクレンジングをしないと、肌に沈着しやすい色なのです。

私がいつもメイクに関して言うことは、「30歳を過ぎたら、知性と清潔感のあるメイクを!」。これに尽きるのです。

その法則に基づくと、一番間違いがない色選びは、自分の肌の色に近い色を選ぶということ。

具体的に言えば、テラコッタ・カラー(レンガ色)の口紅やブラウン系のアイシャドウなどです。

これが日本人の肌をもっともきれいに見せてくれる色です。

だから、「困ったときのテラコッタ頼み」で、自分に合った確実な色をひとつ決めておくと安心感につながります。

また、美しい肌の土台をつくるために、私は30歳以降の女性にはパウダリーではなくリキッド・ファンデーションをおすすめしています。

色はオークル系とピンク系の2色を混ぜて使う方法がベスト。

その日の天候やあなたの顔色、TPOなどに合わせて調合します。

たとえば、シャンデリアの下などではパーッと色が飛び出してきますから、あまりピンクっぽい色をつけずにオークル系で抑えめに。

逆にホテルのロビーのような薄暗い場所では、顔色が悪く見えてしまうから、ある程度ピンクを多めにしても大丈夫なのです。

メイクのラインは丁寧につぼを押さえて

以上が「色」の話。そして今度は「線」の話です。

メイクのときには、眉(アイブロウ)、アイライン、リップラインと、線を描く場面が何ヵ所かあります。

これをきっちりとやっていただきたいのです。

たとえば眉がモジャモジャしていたり、リップラインがにじんだりしていると、どことなく顔全体に締まりがなく見えるものです。

年齢とともにぼやけてくる顔に対抗するには、線をきっちりと丁寧に描くこと。

これもメイクのときにハズしたくないポイントです。

かつては流行を追いかけ、派手なメイクをしていたはずのあなたです。

でも、これからは個性的なメイクで目立とうなんて思わずに、ツボを押さえた品のあるメイクであなたらしさをアピールしてみてください。

手のひらと指先は最高の美顔具

なぜ私のメイクが「スキンケア・メイク」と呼ばれているかというと、その名のとおり、メイクアップをしながら、同時にスキンケアができるからです。

その秘訣はとてもシンプル。

手のひらと指先を最大限に使うこと。

私のメイクはスポンジやパフを一切使用しません。

これらは不潔になりがちですし、結局肌の表面に化粧品を塗るだけになってしまうからです。

とにかく手のひらと指先を使って、ファンデーションやチークを毛穴に入れ込んだり、化粧品を温めたり。

それに加えて、使い捨てで常に清潔さを保てる、「コットン」や「綿棒」をポイントで用いるのが特徴です。

私のスキンケア・メイクの最大のメリットは、肌にファンデーションが密着するから「化粧直し」がいらないこと。

朝、少しの「入れ込みタイム」を設けるだけで、その日一日の時間を有効に使えるのです。

さらに、指先を使うことで自然に指圧ができ、顔の血色がよくなる。

また、手で直接触れることによって、肌のコンディションをチェックできるのもポイントです。

ちょっとしたツボを押さえるだけで、「簡単・きれい・長持ち」を同時に実現できるスキンケア・メイク。

人間、「面倒くさい」と思うと長続きしないものですが、簡単で効果的なら苦になりません。

どうぞ最高の美顔具、手のひらと指先をフルに使って、あなたのメイク革命を今日から始めてください!