眠りの深い最初の3時間に成長ホルモンが分泌される

睡眠は、時間と質が大切ですが、なかでもとくに、睡眠の最初の3時間が大切です。

睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠があり、約90分周期でこの2つの眠りが繰り返されていますが、最初の3時間の眠りがとくに探く、この間に成長ホルモンが多量に分泌され、肌の再生を促すのです。

そのため、寝つきが悪かったり、眠ってすぐに物音や明かりで起きたりすると、このサイクルが乱れて、成長ホルモンの分泌に支障をきたします。

このサイクルを乱さないためにも、毎日同じ時間に就寝し、眠りのリズムをととのえるとよいでしょう。

体内時計が乱れないように睡眠のリズムをととのえる

人間のからだには、太陽を基本とした体内時計が刻まれているという説があり、これをサーカディアンリズムといいます。

これによると、朝日の光を浴びたときに脳の時計が朝にセットされるといいます。

そして実際に、起床から約14時間たつと睡眠準備を始めるホルモンが出始めることがわかっています。

つまり、朝7時に起きたとすると、夜9時ぐらいから体内で睡眠準備が始まり、夜10時くらいに就寝するとちょうどよい計算になります。

10時から2時が睡眠のゴールデンタイムと呼ばれるのはそういう根拠があるのです。

だだし、現代社会においては、夜10時代寝るということは現実的ではありません。

でも、1時過ぎに寝ていたのでは、ゴールデンタイムがほとんど終わってしまっています。

実際に患者さんのお肌を見ているとだいたい12時半くらいがデッドラインのようで、それを過ぎることが多い人は肌があれやすいようです。

また、体内時計を乱さないためには毎日ほぼ決まった時間に就寝することも大切です。

睡眠について大事なポイントを以下にあげます。

●肌は睡眠中におもに再生するので、毎日最低6時間の睡眠時間を確保する。
●質のよい睡眠のためには、昼間に適度な運動をする、夜にパソコンなどの脳を刺激するようなものを見ない、といったことが大切。
●毎日同じ時間に就寝する。

睡眠不足は肥満の原因に

睡眠不足だと肥満につながるというデータもあります。

睡眠中に分泌される成長ホルモンは、脂肪の燃焼を促進します。

睡眠時間が不規則な人がそれを改めるだけで、体重が減り、中性脂肪や血糖値が下がるということもあるのです。

美容と健康のために、規則正しい睡眠はもっとも重要です。