春になったら取り入れたい特別なケア

春になって気温が上昇してくると、肌の新陳代謝も活発になります。

それとともに皮膚機能が元気になって、肌も潤ってきます。

ところが、温度変化は皮脂分泌のバランスをくずしてしまいます。

急にニキビなどができてくるのもこの時期です。

また、肌に汚れが付着しやすくなるので、角質がこびりつき毛穴がふさがれたりしてスムーズなターンオーバーができにくくなります。

このようなときに一番大切なのは、「ディープクレンジング」です。

そこで、毎日のクレンジングを入念にします。

週に一~二回くらいは、スクラブ洗顔やクレイタイプのパックで角質や汚れを取り去ります。

すると、トラブルなしのスベスベ肌になります。

夏になったら必要なスキンケア

この季節に気をつけたいのは、エアコンと紫外線です。

気温の上昇で皮脂分泌が盛んになるので、乾燥によるトラブルは少なくなります。

が、外気は温度と湿度が高く、室内はエアコンにより温度と湿度が低いために、皮脂分泌のバランスはくずれ、脂分は不足しませんが水分が不足してきます。

そこで、朝晩のお手入れどきには、水分補給のために化粧水によるパッティングやローションパック(シートパック)を入念に行います。

またスペシャルケアとして水分補給の美容液やクリームをおすすめします。

夏から秋にかけては、紫外線による色素沈着を防ぐために、ホワイトニングケアを欠かさないようにします。

日に当たったら、炎症を抑えるホワイトニングローションパック(シートパック)をその日のうちに行います。

そして、ホワイトニング用のパックやクレイパックなどで、色素を含んだ表皮細胞を排出するようにします。

あとは、化粧水、美容液でできあがり。

メラニンは作らない。そして、できたら早く排出を。

レジャーで日焼けしたときなどにカーマインローションをつける人は、必ずそのあとに保湿をしてください。

そのままにしておくと、さらに肌は乾いてしまいます。

海で焼いたボディーも、すぐにアロエジェルなどで鎮静させ、ボディー乳液での保湿を忘れずに。

秋に始めるスキンケア

秋の肌はひと言でいうと、「夏の後遺症」です。

紫外線で傷んだ肌、ターンオーバーの乱れた肌…。

気温が徐々に下がってくるので、新陳代謝や皮脂分泌の働きが低下してきます。

そこで、このころからはじめたいのはマッサージです。

マッサージクリーム(オイル)で、丁寧に。

面倒でできない人は、ナイトクリームをいつもの倍量を手に取ってマッサージします。

こうするとふき取りしないで、そのまま眠れます。

冬こそ大切なスキンケア

日本の冬は気温が下がり一年中で一番湿度も低くなります。

この時期に肌が乾くのは当たり前です。

当然、クリームなどを使う頻度や使用量も多くなってきます。

血行が悪くなり、機能が低下している肌の新陳代謝を促すために心がけたいのは、マッサージと潤い補給パックです。

マッサージはマッサージクリーム(オイル)によるマッサージを心がけましょう。

もし面倒だったらマッサージクリーム(オイル)を軽く伸ばしてスチームタオルを置きましょう。

前述しましたが、これだけでも効果があります。

特に寒い日で血行が悪くなったら、マッサージ&スチームタオルのお手入れを心がけましょう。

エステではマッサージオイルを使いますが、普段使うのならマッサージクリームのほうがいいでしょう。

ジェルタイプは、マッサージしてもジェルが温まらないのでおすすめできません。

そして、この時期にはクリームタイプのリッチな感触のパックをしましょう。

マッサージのあとに続けて行います。

マッサージ後の肌は吸収態勢が整っています。

パックをして美容液をつけ、ナイトクリームもしっかりと。