半身浴で汗をかくこと自体に美容効果はない

半身浴とはもともと、心臓病や高血圧の人のために提案されたもの。

熱いお湯に入って急激に血圧が変動し、浴室で脳卒中や心筋梗塞などを発症することがないよう、半身浴が推奨されるようになったのです。

「半身浴でじっくり汗をかくと代謝がよくなる」と信じている人もいますが、半身浴だけで冷え症が治つたり、代謝が上がったりすることはありません。

代謝を上げるためには、やはり運動が必要です。

また、お風呂で汗をかくと体内の毒素が出る、毛穴がきれいになると思っている人もいますが、毒素も毛穴の汚れも、汗からはほとんど排他されません。

睡眠時間を削ってまで、長時間半身浴をする必要はないでしょう。

入浴のしかたにもメリハリをつける

だからといって、入浴が無意味ということではありません。

入浴はリラクゼーション効果が高く、からだを温めることは安眠にもつながります。

また、筋肉疲労や腰や肩のこりの解消にも有効です。

たとえば、入浴後すぐに眠りたいときには、ぬるめのお湯にゆっくりつかってからだを温めましょう。

反対に、入浴後にひと仕事したいようなときには、熱めのお湯にサッと入れば気分転換に。

このように、生活シーンに合わせて入浴のしかたを変えてメリハリをつけるとよいでしょう。

汗はかいたほうがよいもの?

汗をかけばかくほど代謝が上がる。

そう思い込んでいる人が多いようです。

しかし、汗は運動などで代謝が上がることで出るのであって、汗が出ると代識が上がるわけではありません。

からだを動かさないで入浴で汗だけを出してもダメなのです。

汗腺は鍛えれば活発になり、汗をかきやすくなります。

あまり汗かきになると、夏場は汗じみが気になり、汗もなどの肌トラブルにもつながります。

汗出しもほどほどにしましょう。

ボディの洗い方も、メリハリをつけて入浴の時間を有効に。

入浴のメリットは、筋肉をほぐし、リラクゼーション効果があることです。

入浴によって、筋肉や神経の緊張がほぐれることがストレス解消につながり、また、清潔にすることがスキンケアの基本であることはいうまでもありません。

無理な半身浴で汗を出したり、過剰にこすったりすることなく、メリハリをつけた入浴方法でバスタイムを充実させましょう。

入浴は、睡眠とも関わりがあるものです。

たとえば、入浴後20~30分以内にベッドに入れば寝つきがよくなります。

質のよい睡眠がとれれば、肌も健康になるでしょう。

入浴は大切ですが、帰りが遅くなった日には、睡眠時間を削ってまでお風呂につかる必要はありません。

シャワーだけで済ませ、早くベッドに入って睡眠を確保するくらいのほうがよいのです。

入浴はリラクゼーションの手段

バスタイムをリラクゼーションに活用してみては。

保湿効果のある粗塩に好みの精油をたらして手づくりのバスソルトをつくるなど、自由に楽しんでみましょう。

ただし、長風呂は汗かき体質や肌の乾燥をまねくので、ほどほどに。

メリハリ洗いの方法

からだの中で皮脂の多い頭、顔、背中、胸は石けんで洗う

石けんではボディソープのような泡は立ちませんが、それで十分です。

洗い上がりのつっぱり感が気になる人は、尿素配合のクリームなどでその部分だけ保湿すればよいでしょう。

全身に皮脂の多い人は…?

頭、背中、胸などは、毎日綿のタオルに石けんをつけて洗いましょう。

腕や足は1日おきに洗ったり、タオルを使わず手で洗ったりするくらいでOKです。

皮脂が少なめの人は…?

毎日石けんを使うのではなく、からだ全体はお湯で流すだけでもよいでしょう。

皮脂の多い背中や胸は2~3日に1回、腕や足は週に1回程度、石けんを使って洗うとよいでしよう。